双頭蓮 〜そうとうれん〜

 

【双頭蓮】そうとうれん

双頭蓮とは1本の茎から2つの花をつける珍しいハスで
100年に一度、50年に一度あらわれると言われています。最近では情報の発達、流通により目撃情報が多くなりましたが、極めて稀なことであります。吉祥、瑞兆の花として知られ、良い事が起こる前兆とされ、日本書紀にも 「巻第二十三 舒明天皇(七年七月)◎是月、瑞蓮生於剣池一茎二花」の記述があります。

1905年にシャム王国(現タイ王国)東京公使館において出現の双頭蓮は名古屋市千種区の日泰寺に寺宝として保管されているそうです。

また、
1910
年に蓮田であった境内地に双頭蓮が2年連続で出現された時には信州善光寺本坊大勧進より善光寺如来さまを勧請して善光寺東海別院(祖父江町の善光寺)を創立。山号を双蓮山、寺号を善光寺とし、やはり、寺宝として保管されているそうです。
 

 



平成22年7月14日に『双頭蓮』が開花しました!


皆様のまわりにも幸せの華が咲きますように!お裾分けです!

 

 

中日新聞にて紹介されました!(平成22年7月15日)第24359号 日刊

 



朝日新聞(夕刊)にも紹介されました!(平成22年7月15日)第26228号 日刊





NHK『ニュース845東海』で放送されました!(平成22年7月14日)



CBC『イッポウ!』で放送されました!(平成22年7月15日)


 


 


平成22年7月14日の早朝に咲きました!

 

蓮(ハス)は早朝、午前6時〜午前8時ごろが見ごろです!

 

 

 



平成22年7月15日、開花2日目を迎えました!

 

蓮(ハス)は早朝、午前6時〜午後12時ごろまで開いていました!

 

明日の午前中は大丈夫だと思いますが早ければ夕方、遅くとも
17日の朝には散ってしまいそうです…。お早めに!



 

 

 

平成22年7月16日、開花3日目を迎えました!

 

蓮(ハス)は早朝、午前6時〜午後2時ごろまで開いていました!

 

明日(17日)の午前中ももって欲しい気持ちでいっぱいです…。
どうぞ、お早めに!

 



 

 

平成22年7月17日、開花4日目を迎えました!

 

蓮(ハス)は早朝、午前5時〜午後7時ごろまで散らずにいました!

明日はおそらく花弁を落とすでしょうが、花台になる姿が楽しみです。
ボロボロになりながらも明日まで持たそうとする姿に拍手が送りたく
なります。

 


 

上記は平成22年7月17日午後6時30分の姿です。


 

平成22年7月18日、開花5日目を迎えました!

 

午後5時25分にすべての花びらを落としました…。


逢いに来る皆様を詫びるように…。





 『花びらは散っても 花は散らない

      人は去っても 面影は去らない』


花びらは散っても花は散らない。
形は滅びても人は死なぬ。

永遠は現在の深みにありて未来に輝き、
常住は生死の彼岸にありて生死を照らす光となる.
その永遠の光を感ずるものはただ念仏である。     金子大榮

 


  あなたに逢えて 本当に良かった 

 

        あまりのうれしさに 南無阿弥陀佛



 

 

双頭蓮の写真集、「双頭蓮」に逢えた夏

是非とも、お求めください! 

「御嶽山 洞雲寺」でしか手に入りません!

たくさんのお問い合わせ、ありがとうございます!


ご住所、お名前、電話番号、冊数を明記の上、
ご連絡ください。お待ちしています!
touunji@ah.wakwak.com