平成29年度 暖候期の気象経過
<戻る>

4月中旬の降雪で春作業がやや遅れたがその後の好天で順調。6月になり低温気味で各作物生育が遅れ気味。7月前半はかなり高温で小麦の生育が早まり、小豆などの落花が顕著。7月後半からは低温気味で推移。9月には台風18号の影響で降水量が多くなり、強風の影響でデントコーンがかなり倒れる。10月は低温気味で推移し、小麦の生育が今一。全般的には比較的恵まれた天候で各作物ともに平年以上の結果となる。
















(帯広測候所)

<戻る>