平成27年度 暖候期の気象経過
<戻る>

一時低温はあったが夏までは気温が高い。7月まではずっと雨不足傾向で強風で畑の土が飛んで被害が出る。石礫の近い圃場はかなりのダメージ。
期間中の降水量は平年対比で75%。
小麦の熟す時期が比較的低温で実入りが良くなり、史上最高の収量となる。夏以降の低温でビートのカッパン病も少なめに推移。
















(帯広測候所)

<戻る>