平成25年度 暖候期の気象経過
<戻る>

道内各地は春の大雪などで春耕がやたら遅れたが、十勝だけは平年並みにスタート。でも5月には度重なる降雪で一部遅れる。でもその後は比較的順調。
しかし、7月下旬は過去に例がないような8日間連続の降雨で小麦がもろに影響を受けて低品質になる。
9月16日には台風が来たが100mmほどで、そのほかは目立った大雨はなかったが、近年増えている短時間豪雨は否めない。
秋以降は例年のごとく気温が高めで降水も多い。ビートは今年も低糖分。















(帯広測候所)

<戻る>