平成10年度 暖候期の気象経過
<戻る>


融雪は平年より早く、4月の気温も平年よりかなり高く21日には真夏日(31.3度)を記録し降水量も少なく馬鈴薯・甜菜の植え付けは順調だったが月末には強風と降霜で移植直後の甜菜の苗に被害が出た。5月は17日に真夏日(32度)を記録したがほぼ平年並みで豆類の播種も順調。6月上旬は3・6・7日と降霜があり発芽直後の豆に一部被害が出た。7月は局地的に夕立が降り、下旬は最高気温が低く日照時間も平年の2割にしかならなかった。8月になってもこの傾向は変わらず上中旬は低温日照不足で下旬には降水量も多く冠水の被害も出た。9月になり気温は平年より高くなったが中旬以降は台風の影響で降水量が多く、播種直後の小麦が流されたり他の作物も冠水の被害を受ける。10月も気温が高く初霜は平年より半月も遅かった。11月は気温が低く中旬以降度重なる降雪で大豆等が雪の下になり、小麦の雪腐れ防除も出来なかった畑がかなりあった。


区分
降雪(月.日)
霜(月.日)
根雪(月.日)
終日
初日
終日
初日
終日
初日
10年
4.02
11.08
6.07
10.21
3.23
12.07
平年
4.24
11.05
5.16
10.05
4.05
12.21
平年比
22日早
3日遅
22日遅
16日遅
13日早
14日早

区分
5月〜9月生育期間
無霜期間
積算気温
積算降水量
積算日照時間
10年
2,447度
774.0mm
614.8hr
136日
平年
2,438度
520.4mm
764.2hr
142日
平年比
+9度
+253.6mm
-149.4hr
 -6日

(帯広測候所調べ)

1998年 気温


1998年 降水量


1998年 日照時間
<戻る>