平成9年度 暖候期の気象経過
<戻る>


春の融雪は平年より少し早い程度で春の農作業は平年並みに進んだ。4月末には強風が吹き、一部植えたばかりの甜菜の苗に被害が出る。5月から6月上旬は低温で雨がやや多く豆の播種作業が遅れその後の出芽も大幅に遅れたが中旬以降7月末までは天候に恵まれほぼ平年並みの生育となる。しかし、8月中旬は極端な低温・多雨・日照不足で回復した生育も後れ気味となる。9月も中旬以降雨が多く小豆の成熟が遅れたが初霜が平年より1週間遅かったため中央部では霜害を免れることが出来た。


区分
降雪(月.日)
霜(月.日)
根雪(月.日)
終日
初日
終日
初日
終日
初日
9年
4.15
11.07
5.12
10.12
3.23
12.05
平年
4.24
11.05
5.16
10.05
4.06
12.21
平年比
9日早
2日遅
4日早
7日遅
14日早
16日早

区分
5月〜9月生育期間
無霜期間
積算気温
積算降水量
積算日照時間
9年
2,318度
579.0mm
637.4hr
153日
平年
2,435度
521.7mm
764.2hr
142日
平年比
-117度
+57.3mm
-126.8hr
 +11日

(帯広測候所調べ)

1997最高・最低気温グラフ

1997降水量グラフ

1997日照時間グラフ
<戻る>