(分収造林の仕組み)

@分収造林契約

A森林の造成
  植 栽
  保 育

B伐    採

C収 益 分 収

土  地  所  有  者

林   業   公   社

2.森林施業受託事業

森林整備法人として森林の公益的機能の高度発揮に資するため、水土保全林に区分された森林を主体に、関係市町村の斡旋により、森林所有者等からの施業委託を受け植栽未済地に造林及び保育事業を実施します。

1.分収造林事業

昭和42年設立以来、土地所有者と分収造林契約を締結し、12,000ヘクタール余りに及ぶ植栽を行い、下刈等の保育事業を実施してきました。

現在は、林分の健全な育成と材質の向上を図るため、間伐を中心とした保育事業を実施するとともに、主間伐事業を勘案し既設路補修等の施設整備に努めています。

(1)間伐

契約の延長に伴い長伐期となった分収林について、将来、間伐による中間収入を得ながら林業経営を可能にするため高密林内路網を整備し、長伐期施業体系に基づき適切な間伐を実施します。

(2)主伐

主伐は、計画的・効率的に実施します。伐採にあたっては原則として契約期限の到来したものについて行いますが、契約終了年度に大きな偏りがあるため、森林所有者と協議を行いながら契約を延長し、平成80年度を終期とした伐採量の平準化に努めます。なお、伐採は木材価格・需要動向等を勘案し適切な時期に行います。