Small Gardens 野菜と果樹を育てる


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


★ ブラックベリー ★

ブラックベリーは、アメリカで栽培された品種できいちごの仲間です。立ち性のものは、庭木としても楽しめます。這い性のものは、垣根仕立てにすることもできます。また、鉢植えでも育てることができます。ラズベリーに比べると暖地むきです。また、実は名前のとおり、黒色で梅雨あけに収穫できます。
 

■苗木の選び方
苗木は品種がはっきりしたものを選びます。また、1品種で結実しますので、1本だけでも育てられます。
 
■苗木の植え付け
適期は10月〜5月です。土壌は特に選びません。地下茎でよく繁殖するので、地植えの場合、数年で広範囲に広がります。鉢植えの場合、5〜6号鉢で十分です。苗を植え付けてから、1〜2年で開花、結実します。
 
■日常管理
乾燥に弱いので、水切れに注意します。苗を植えつけてから1〜2年で開花結実します。ブラックベリーは、数メートルも伸びてしまいます。狭い庭や鉢植えでは剪定して抑える必要がありますが、強く剪定しすぎると見つきが悪くなります。休眠期にはいった2月頃に株元から1〜1.5m程度に切り詰めます。昨年実のなった枯れ枝を取り除き、弱い枝も間引きます。
 
■置き場所
光を好む植物なので充分日当りのよい場所に置きましょう。日当たりが悪いとおいしい実がならないようです。寒さには強いので屋外で冬越しさせます。
 
■収穫
果実は開花から1ヶ月程度で一度に熟します。果実に色がつき柔らかくなれば収穫できます。梅雨どきの収穫になるのと果実の形から雨にあたると腐敗しやすいので、できれば雨よけできると好ましい。2季なりの品種は秋にも収穫できますが、雨の心配が少ないので、ほとんど腐敗しません。市街地やベランダでは、昆虫が少ないので実つきが悪くなりますので、開花時に人口受粉した方がよいようです。
 
■剪定
放っておくと、ブラックベリーは数メートルも伸びてしまいます。狭い庭や鉢植えでは剪定して抑える必要がありますが、ただ、強く剪定しすぎると実つきが悪くなります。休眠期にはいった2月頃に株元から1〜1.5m程度に切り詰めます。昨年実のなった枯れ枝を取り除き弱い枝も間引きます。
 

■増やし方
 

ブラックベリーは長い枝の先を10cmほど土に埋めて1ヶ月程度で
簡単に発根するので切りとって鉢植えにして苗木を作ることが
できます。大量に苗をつくりたい場合は、6月下旬頃、新梢の先を
10cmぐらい剪定し、副梢を発生させ、30cm位に伸びたら、同様に
土に埋めて発根させます。また、挿し木にしても比較的簡単にでき
ます。

 ブラックベリーの苗です。
 品種は不明です。
 冬になり、落葉した状態です。
 3月になり、芽が緩んできました。
 緩んだ芽から出た新葉です。
 う〜ん、春ですね。
 気がつくと、ワサワサと葉が・・・
 蕾があるな〜なんて見ているともう花が咲きそうです。
 いっそう、ワサワサと生い茂ります。
 花がこんな感じで咲いています。
 ブラックベリーの花です。
 花の咲き方がちょっと違います。
 
 品種がちがうのかも・・・
 ミツバチが花から花へ渡り歩いています。
 ブラックベリーの実がふくらんできました。
 たくさんの実がついてます。
 すっかり黒く、食べ頃になりました。
 今年、最初の果実です。
 次々と花と実がついていきます。
 収穫が楽しみです〜。
 品種によって種の大きさ(硬さ)が違います。
 蔓状に伸びる品種の種は硬くて生食するのに難儀しますが、
 直立するこの品種は生食でもいけます。 
 次々と実ります。豊作です。
 収穫時期はブルーベリーと同じ時期です!
 
 黒くなるたびに子供達がパクパクと食べています。
 左のような赤色から、右のような黒い色になると完熟です。
 
 少し、種が気になりますが甘くておいしいです。
 とある日の1日の収穫です。 
 冷凍して保存して、ジャムにしたりパイにするといいです。
 トーストの上にジャムと生果をのせてみました。
 やはり品種がちがいます。
 
 収穫期も1ヶ月程度こちらの方が遅いです。